おひさまと友達♪
どんなこと相談してるの?

トップ > 動画検索 > 第297回

省エネ経済効果・費用

お手軽度 星2個(星3個が最もお手軽)

電気使用量

11%削減
2015年(2011年比)

電力ピーク

41%削減
2015年(2010年比)

省エネ施策

  • 翌日の天気予報を確認して床暖房を使用
  • 短時間部屋を空ける時は温度を下げる
  • 制作活動にカレンダーの裏紙を再利用

省エネの背景

子どもの創造性を育む幼稚園

第297回の出演企業は「鶏鳴幼稚園」。東京都三鷹市にある幼稚園です。
こちらでは、親と職員、地域が一体となった教育環境づくりを目指し、創造性豊かな子どもたちの成長を目指しています。

省エネ施策

1 夜間の電力ピークに着目

こちらの床暖房は夜間に熱をためて翌日使う蓄熱式。以前はすべての床暖房を稼働していたため、夜間に電力ピークがきていました。

電気料金削減のカギ!「電力ピーク」とは?

電力ピークとは一日のうちで最も電力使用量の高い30分間の値。電気を多く使う施設や企業(高圧契約の場合)では、この値で1年間の電気代のもとになる基本料金が決まります。

2 床暖房の稼働数を調整

前日の天気予報を参考に翌日の床暖房を使うかどうかを判断。また、日の当たる窓側は使用しないことで、電力ピークがダウン。

3 空調稼働の特性を理解

外遊びなどで短時間教室を空ける時は、設定温度を少し下げて温かさをキープ。立ち上げ時の消費電力を抑えています。

まとめ

環境保全に対する意識の高さ

子どもたちの制作活動には紙を多く使いますが、寄付で集められたカレンダーや布などを再利用。
創造性を育みながら、省エネ活動にも取り組む幼稚園を紹介しています。

企業プロフィール

会社名
鶏鳴幼稚園
地域
東京都三鷹市
業種
幼稚園
従業員数
25人(2016/1/1現在)

同じ業種の動画

  • 同じ業種の動画はありません

同じキーワードの動画

  • 同じキーワードの動画はありません