子どもたちの笑顔が見たい
理事長の想いが省エネに

トップ > 動画検索 > 第72回

省エネ経済効果・費用

お手軽度 星1個(星3個が最もお手軽)

省エネ施策

  • 樹齢80年の木をグリーンカーテンとして活用
  • 園児がいない時に空調の消し忘れをチェック
  • 太陽熱温水器を活用してプールの水を温める

省エネの背景


今回の出演は東京都東久留米市にある緑ヶ丘幼稚園。園の歴史は約50年と長く、200名ほどの園児が在籍しています。 多くの園児のいる幼稚園ではどのような省エネができるのでしょうか。達人の西川理事長を訪ねます。

省エネ施策

1 樹齢80年のグリーンカーテン


園庭に植えてある大きな木々が木陰をつくり、園舎も園庭も日陰になっています。 直射日光を避けることができ、遊び盛りの園児たちにとっても暑すぎず良い環境ですね。 木が小さかったころを知っている先生も「園と一緒に木も成長している」と嬉しそうです。

2 屋根にも工夫を

樹木のグリーンカーテンだけではなく、直射日光を受ける屋根には遮熱塗料を塗り過ごしやすい環境をつくっています。 それだけではありません。達人は新たに太陽熱温水器を導入しました。 太陽の熱でお湯をつくり、プールの水を温めることでガスを使わずに、園児たちが快適な温度でプールに入れるよう工夫しています。 さらに112枚の太陽光パネルも導入しました。

3 達人から先生、そして園児へ

園児たちに「もったいないこと」について聞いてみると「水の出しっぱなし」「扇風機のつけっぱなし」「電気のつけっぱなし」 など次々と言葉が出てきます。毎日の朝礼で達人が20名の先生たちに省エネについて伝え、 その先生たちが園児に伝えることで園全体に省エネ意識が浸透していきました。 水の出しっぱなしなど先生がこまめに声をかけることで園児にも意識が芽ばえます。

4 すべては喜ぶ園児たちのため

園内の遊具は達人とバスの運転手たちの手で修繕やペンキの塗り替えを行っています。 自分たちで作業をすることで経費削減になるだけでなく、彩り鮮やかな遊具へと生まれ変わり園児たちは大喜びです。 三輪車などの遊具はさびにくく丈夫なメーカーのものを使うことでよけいな廃棄物を出さないようにしています。 これからも自然の力を上手に利用しながら園児たちの成長を見守っていきます。

企業プロフィール

会社名
緑ヶ丘幼稚園
地域
東京都東久留米市
業種
幼稚園
従業員数
21人(2011/9/1現在)

同様の業種の動画

  • 同様の業種の動画はありません

同様のキーワードの動画

  • 同様のキーワードの動画はありません