省エネはみなの協力があってこそ
「いつ・誰が・何をする」を明確に

トップ > 動画検索 > 第354回

省エネ経済効果・費用

お手軽度 星2個(星3個が最もお手軽)

電気使用量

48%削減
2016年(2015年比)

省エネ施策

  • エアコンと照明の入替え
  • エアコンの稼働をスケジュール化する
  • 閉店作業をスケジュール化し、終業を30分早める

省エネの背景

全国チェーンを展開するイタリアンレストラン

今回の出演企業は愛知県名古屋市にあるヴォーノ・イタリア 港店。本格的なイタリア料理を食べ放題で楽しむことができ、薪で焼いた香ばしいピザと生麺を使ったもちもちのスパゲッティが自慢です。

こちらのお店ではスタッフみんなが省エネに取り組み、電力使用量を年間およそ50%減らすという大きな成果をあげています。

省エネ施策

1 スムーズにいかなかった当初


浜口調査員がスタッフに「省エネに成功したのは、自分たちのおかげだと思う方!」と聞くと全員の手が挙がりました。しかし、はじめからうまくいっていたわけではない様子。まずは、エアコンや照明を入替え電力使用量を30%削減。次にエアコンの稼働スケジュールを組みましたが、スタッフは忙しくなかなかみてくれなかったそうです。

2 色つきのシールで一目瞭然

そこで達人はエアコンを調整する時間にあわせ、コントローラーに色つきのシールを貼りました。10時の始業時に半分のエアコンをつけ、30分後にもう半分をつけることで、来店時間向けて徐々に最適な室温にします。また、休憩時間や閉店1時間前には一部、閉店30分前にはすべて消し、必要な時間と場所だけにエアコンを稼働させることができました。

3 業務改善による波及効果


さらに達人は閉店作業も工夫。閉店作業をスケジュール化すると終業を30分早めることができ、電力使用量を48%減らすという大きな省エネにつながりました。

まとめ

業務効率の向上を実感

スタッフからは「よりコミュニケーションがとれるようになった」「仕事の効率もよくなった」などの感想が寄せられ、省エネ以外の波及効果が現れています。

達人は省エネ活動にあたって「いろんな取り組みをみんなで考えて、実践していったのがポイントだ」と話してくれました。

企業プロフィール

会社名
ヴォーノ・イタリア 港店
地域
愛知県名古屋市
業種
飲食店

同様の業種の動画

  • 同様の業種の動画はありません

同様のキーワードの動画

  • 同様のキーワードの動画はありません