入居者への共感からくる活動が
省エネの"みなもと"になる

トップ > 動画検索 > 第339回

省エネ経済効果・費用

お手軽度 星2個(星2個が最もお手軽)

電気使用量

4%削減
2015年(2010年比)

省エネ施策

  • スタッフが入居者に寄り添い、省エネを実現している
  • スタッフ同士もまめに声を掛け合い、省エネに取り組んでいる
  • 家庭的な雰囲気を保つため、ことさらに省エネを呼びかけない

省エネの背景

高齢者が安心して過ごせる空間

今回の出演企業は福岡県福岡市の高齢者入居施設「悠愛アリビオ」様。
自宅のようにゆっくりと過ごせる共有スペースや居室があるこちらの施設。
24時間体制でスタッフが常駐し、利用者が安心して過ごせるように毎日の健康維持や生活をサポートしています。

省エネ施策

1 スタッフが入居者に寄り添い、省エネを実現している

スタッフはベテランが多く、入居者一人ひとりの状況を把握しています。
この方は暑がり、この方は寒がり、だから着衣で調整しよう!
エアコンによる室温調整に頼るのでなく、きめ細かく入居者の好みに合うように調整するので、入居者にも好評です。

2 スタッフ同士もまめに声を掛け合い、省エネに取り組んでいる

ミーティングやちょっとした話し合いなど、同施設では何よりコミュニケーションを重視しています。
施設長とスタッフが休憩時にお弁当を食べながら話をするなど、こうしたコミュニケーションが何気なく行なわれています。
これは省エネ活動の際も同じで、スタッフ同士、声を掛け合いながら電気のムダを削減します。

3 家庭的な雰囲気を保つため、ことさらに省エネを呼びかけない

元々達人は介護士出身で、家族的な施設運営を心がけていました。
たとえば電気スイッチに「省エネ」にご協力をといったシールを貼る施設もありますが、入居者にご自分の家庭と同様にくつろいでほしいので、ここはそうしたことを一切行いません。
その分、スタッフが高い意識でカバーしているため、省エネ活動が成り立つのです。

まとめ

電気使用量4%削減

達人の考える理想的な施設像にスタッフも共感し、自分たちでできることを続けた結果、悠愛アリビオ様では着実に電気量の削減が図れています。

企業プロフィール

会社名
高齢者入居施設「悠愛アリビオ」
地域
福岡県福岡市
業種
社会福祉・医療
従業員数
20人(2016/4/1現在)

同様の業種の動画

  • 同様の業種の動画はありません

同様のキーワードの動画

  • 同様のキーワードの動画はありません